3種類の購入方法がある

日本においてペットの数は子供の数よりも多いとされており、家族の一員としてペットを家に招き入れる人はまだまだ増え続けています。ペットを購入する方法はペットショップ、ブリーダー、通信販売の3つの方法があるので、良い販売主であるのかしっかりと見極める必要があります。

清潔な環境に収容されている

ペットショップで販売されているペットは、一般的に純血種で価格の高い犬種です。良いペットショップの特徴としては、第一種動物取扱業者の認可を得ていること、スタッフのペットの知識が豊富であること、ペットが収容されているケースが清潔な環境であるかなどがあげられます。これらの基準を満たしていないペットショップは、良心的とは言えないため別のショップを探したほうが良いでしょう。

老犬の面倒もきちんと見ている

ブリーダーは犬を繁殖させて販売する一般人で、同じ犬種がペットショップよりも安い値段で購入できます。良いブリーダーの見分け方は、特定の犬種を繁殖させていること、施設が清潔であること、繁殖の役目を終えた老犬の面倒を見ているかなどがあげられます。子犬をしっかり社会化させてから売りに出していることも、重要な条件です。

疾病保証や死亡保証が付いている

通信販売は、家にいながらペットが購入できるというメリットはあるものの、画像によってしか判断できないため選ぶのが難しいというデメリットがあります。良い通販業者を見分けるポイントは、動物取扱業者の認可を受けていることや、死亡保証や疾病保証が付いていることがあげられます。

子犬販売をする際には「動物取扱業責任者」としての登録が必要です。ちなみに無償での子犬提供であれば登録は必要ありません。